本期语法:~ことになる/ことにはならない
接续:
名詞動詞普通体+(という)ことになる動詞【ない形】+ことになる動詞普通体+ことにはならない
意味:
【~ことになる】表示在某种条件下(原因、假定或既定条件),就很有可能出现后项的事情。相当于“有可能会……”、“肯定会……”、“就等于……”等意思。
【~ないことになる】和【~ことにはならない】表示如果只是在前项条件下去进行的话,那等于没有实现真正的目的。相当于“就等于没有……”、“不等于……”。
例子:
1、今まで2回刺身を食べた。今日また食べると三回目ということになる。/在此之前我吃过两次生鱼片。今天再吃的话,等于吃了第三次了。
2、あの人にお金を貸すと、結局返してもらえないことになるから、貸さないほうがいい。/如果是把钱借给他的话,有可能是肉包子打狗一去不回头,所以还是不要借给他的好。
3、出勤しても、タイムコーダーにIDカードを通さなければ、出勤したことにはならない(=出勤しなかったことになる)。/即使是上班了,如果忘记打卡,那就不等于你已经上班(就等于没来上班)。
作业:
翻译:本やインターネットの資料を写しただけでは、レポートを書いたことにはならない。
答案:如果只是照搬书本中的或者是网上的内容,那不等于你已经写好了报告。